紙幣硬貨入金機 SDM-200

特長

少人数での店舗運営体制には、窓口処理のセルフ化推進が必要

・窓口事務の削減により、それらに関わっていた窓口人員を顧客対応へ。

・ATMで対応出来ない大口入金処理のセルフ化を実現。

大口入金のセルフサービス化で、お客様の待ち時間削減と現金処理業務削減を両立

・ATMブースにジャストサイズ。ロビーでの省スペース設置、現状のATMブースを利用した時間外稼働のいずれにも対応。

・音声&イラストのWガイダンス。大型ディスプレーと音声ガイダンスで入金操作をやさしくナビゲート。

・異物混入によるトラブル発生率を大幅に低減。入金操作時のトラブル対策として異物排除機構を搭載。

・入金された紙幣、硬貨は大容量の金庫式カセットに収納。精算業務の外部委託も可能。

カラーユニバーサルデザイン認証

<紙幣硬貨入金機 SDM-200>は、多様な色覚を持つ方々にも配慮した、見やすい製品としてNPO法人カラーユニバーサルデザイン機構から「カラーユニバーサルデザイン認証」をいただきました。


スペック

外形寸法570(W) × 1,000(D) × 1,200(H)mm
質量約425kg

 

紙幣・硬貨の自動入出金・分類・出納機能を自動化。現金管理業務を強力にサポートします。

北海道内10か所の保守店を持つ北海道グローリーだからこそ購入後も安心です。